ピルの服用を始めようと思う理由は人それぞれ異なると思いますが、主に避妊目的や生理に関する問題等の改善を期待して服用をする人が多いと思います。これからピルの服用を考えている方に情報提供をしたいと思います。

スポーツをする時のピルとリングの影響

避妊方法にはさまざまな物がありますが、気になるのは体への影響だと思います。
それぞれの方法にメリットとデメリットがあるため、それを知ってから自分に合った方法で避妊をすることをおすすめします。
近年増えているのが、女性ホルモンを利用した避妊薬であるピルです。一般的に経口避妊薬として知られている物ですが、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働きかけて排卵を抑制する効果があります。正しく使用すればほぼ100%の避妊効果があり、ほかにも月経周期を整えたりコントロールすることができ、月経困難症を緩和するほか、女性ホルモンによって美肌効果なども期待できます。
また、スポーツをするときにも試合や試験、旅行などがある場合に月経周期をコントロールすることによって、生理日を遅らせて快適に過ごせるようになります。
ほかの方法として上げられるのが子宮内避妊用具、通称避妊リングと呼ばれる器具です。昔はリング型だったために校呼ばれることが多いですが、現在一般的にはT字型をしています。
何種類かある器具ですが、銅には精子を殺す効果があるとして銅付のものが使われることが多くあります。膣の中にあることで体の異物排除機能が働き、受精卵が着床しない仕組みとなっています。妊娠までの期間を空けたい場合や安全に長期に渡って避妊をしたい場合などに効果的な器具になります。
何年も装着していられますが、定期的に洗浄と交換をする必要があり、怠った場合炎症などを起こすことがあります。
しかし、きちんと正常な位置に装着されていれば、水泳などのスポーツをしていてもずれるなどの心配はなく避妊もすることができます。
どの方法であれ、メリットとデメリットを考えて利用することが大切です。