ピルの服用を始めようと思う理由は人それぞれ異なると思いますが、主に避妊目的や生理に関する問題等の改善を期待して服用をする人が多いと思います。これからピルの服用を考えている方に情報提供をしたいと思います。

ピルの違いと相場について

ピルとは、女性ホルモンを利用した経口避妊薬です。ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが脳下垂体に働いて卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑制します。排卵を制御したり、受精卵を着床しにくくするために子宮内膜を変化させ、子宮頸管の粘膜が変化するこによって精子が子宮に入り難くすることでほぼ100%の避妊率があり、日本の避妊方法の中ではもっとも確実で安全性が高いといわれています。
避妊だけではなく、月経困難症を軽減したり、月経周期を整えたりコントロールすることができ、卵巣がんなどの発症リスクを低下させ、女性ホルモンの効果によってニキビを改善して美肌にすることなども期待できます。
このピルには2種類のタイプがあります。それぞれの違いは飲む日数で、21錠タイプは1錠ずつ21日間服用し、7日間休んでから服用を再開させます。
28錠タイプは休みを入れずに毎日1錠服用していきます。28錠タイプの最後の7錠はホルモンの含まれていない錠剤になっています。
ピルの相場は、病院によって同じ種類の物でも値段が違うとされています。平均的な低用量ピル1シートの値段として、本体の値段は約1800~3000円(1ヶ月分)ほどの値段だとされています。病院で処方してもらう場合それに加えて診察料などが加わります。基本的に経口避妊薬として認められているものは保険適用外のため実費となります。
月経困難症と認められた場合には、治療薬として保険適用薬になるとされています。
通販などでも購入することができますが、一度はしっかりと病院に行って検査をしてから処方してもらうことをおすすめします。その場合には、信頼できる医師に診察してもらうことが大切です。