ピルの服用を始めようと思う理由は人それぞれ異なると思いますが、主に避妊目的や生理に関する問題等の改善を期待して服用をする人が多いと思います。これからピルの服用を考えている方に情報提供をしたいと思います。

内容量の多い中用量ピルは子宮筋腫の治療で使われる

女性が服用する避妊薬として、世界中で広く知られているピルですが、このピルは避妊目的以外にも、子宮系の疾患の治療目的で使用されることもあり、様々な効能が期待されています。ピルには女性ホルモンが含まれていることは周知の事実ですが、避妊薬として使われているものはホルモンの内容量が少なく、副作用などの危険性が低く抑えられています。わが国でもこの低用量ピルが、ようやく解禁となったことを受けて、より安全に服用できるようになったので、望まない妊娠を回避させるために、服用し始めている女性も増えているようです。さて、前述したように子宮系の疾患の治療目的で処方されることもありますが、その場合には、ホルモンの内容量が若干多めに含まれている中用量ピルを使うことが多いようです。生理時に大量の経血に悩まされる、子宮筋腫や子宮内膜症の緩和治療として処方されることも多く、この場合には保険適用で処方してもらえます。低用量ピルは基本的に治療目的というよりも避妊目的になることが多いため、保険適用外となってしまいますが、子宮筋腫や子宮内膜症の症状を緩和させることを目的として服用する場合には、保険が使えるので、安価で手に入れることが出来ます。しかしホルモンの内容量が多いので、定期的に検査を受けて異常がないか否かのチェックは必要です。ピルには、血栓症や心筋梗塞になりやすくなるリスクもあるので、内容量の多いタイプを服用している場合には、婦人科医の十分な観察下で利用しなければなりません。中用量ピルを服用するようになると、格段に経血量が減少し、生理期間を快適に過ごせるようになります。子宮筋腫や子宮内膜症の患者は、時には貧血を起こしてしまうほど出血し、辛い生理痛に悩まされるので、手術までの緩和処置として用いられることが多いようです。