ピルの服用を始めようと思う理由は人それぞれ異なると思いますが、主に避妊目的や生理に関する問題等の改善を期待して服用をする人が多いと思います。これからピルの服用を考えている方に情報提供をしたいと思います。

肝硬変の人はピルを飲まないようにする

ピルは避妊だけではなく生理痛やPMS、更年期障害、ニキビ肌の改善など様々な効果があるものです。しかし、全ての人がピルを服用してもいいかと言えばそうではありません。
ピルは女性ホルモンが配合されていて、肝臓で代謝されます。そのため、肝硬変やウイルス性肝炎などの症状がある人はピルを飲まないようにしましょう。稀ではありますが、副作用として肝機能障害や良性肝腫瘍の報告があります。一般的に病院で処方してもらいますが、その際にも肝臓の他にも心臓や腎臓に何らかの持病がある人、糖尿病の人などには処方されません。さらにピルには血液を固まりやすくする作用があります。女性ホルモンの影響により身体を妊娠しているのと同じ状態にしてしまいます。妊娠時は流産や出産の際に出血することがあるため普段よりも血液が凝固しやすくなっています。そのため血栓ができやすくなってしまう可能性があるため、喫煙をしている人などにも処方されることはありません。
病院での処方の場合は不調があれば相談することができますが、費用を安くしたり病院に行く手間を省くために海外から個人輸入などを行ってピルを手に入れた場合には、自分の体調の変化に気をつけるようにしましょう。肝臓の機能低下や血栓の他、吐き気や嘔吐、頭痛、腰痛、腹痛、うつ様症状など様々なものが副作用として報告されています。また、副腎皮質ホルモンや抗うつ剤を使用している人は薬の作用が強く出てしまうことがあるため、ピルを服用することは出来ません。どうしても服用したい場合には医師と相談を行ってから服用をスタートさせるようにします。またピルを服用していて普段と違う症状が出た場合には病院に行って適切な治療を受けることが重要です。